葬儀の費用を徹底解説

葬儀の相場についての写真

葬儀の相場について

葬儀で一番に心配になることことは、コストの問題ではないでしょうか。葬儀で喪主を務めるということは、そうそう経験することではありませんから、どれくらいの費用がかかるのかイメージがわかないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。最近では、会社関係者や近所の人が参列する一般葬のほか、家族やごく親しい友人だけが参列する家族葬、葬儀を行わず火葬のみで別れを告げる火葬式など、さまざまなタイプの葬儀があります。一般的に、葬儀の規模が大きくなればなるほど、費用は高くなります。葬儀にかかる費用を適正なものにするためには、希望する葬儀の内容や規模、また一般的な葬儀費用の相場を知っておくことが大切です。葬儀の相場を知り、事前に予算計画を立てておくことは、満足のいく葬儀を行うためにとても有効です。

家族葬の場合、「一日葬」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。実は、「家族葬」という言葉は、少し前から使われるようになりました。しかし、家族葬と一般葬の違いを理解しないまま、単に「費用が安い」タイプの葬儀として語られることがあります。葬儀にかかる費用は、遺族にとって大きな負担となりますが、費用を抑えすぎて後で後悔するのも問題です。今回は、家族葬と一般葬の違いや費用相場、全体の費用を抑える方法などを紹介します。

家族葬には明確な定義がない 葬儀屋やブローカーは、一般葬と家族葬を単純に参列者の人数の大小で分けていることが多いようです。宗教葬であれば、葬儀の流れそのものは一般葬と家族葬でそれほど変わりません。仏式の葬儀であれば、読経や焼香は参列者の人数に関係なく行われますし、戒名も必要です。一般的には、参列者が20~30人までの葬儀を家族葬、20~30人以上の葬儀を一般葬と考える葬儀屋が多いようです。一方、喪主の立場から見ると、一般葬は広く告知して多くの人が参列するもの、家族葬は告知された人だけが参列するものです。一般葬は当日まで誰が参列するかわかりませんが、家族葬は参列者の人数を正確に予想することができます。要するに、参列者が少なくて全体を把握できるのであれば、家族葬にしたほうが全体の費用を低く抑えることができるのです。

日本消費者協会によると、葬儀全体にかかる費用の全国平均は約195万円です。この見積もりには、葬儀全体の費用に加え、食事代や接待費、寺院の拝観料なども含まれています。ただし、これはあくまで全国平均であり、実際の費用は地域や葬儀の規模、参列者の数などによって異なります。また、調査方法の違いによっても差が生じると思われますので、あくまでも目安としてご活用ください。ここで示した費用はあくまで平均値であり、実際にかかる費用は葬儀の内容や参列者の人数によって大きく異なりますが、それでも高いと感じられるかもしれません。葬儀を行うのにどうしてこんなに費用がかかるのか、疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。よく見ていただくとわかりますが、1回の葬儀を行うために必要なアイテムは30近くあります。式場中央の祭壇や故人の棺はもちろん、故人を運ぶ寝台車、遺体を守るドライアイスや仏衣、参列者の食事や引き出物、さらには受付で使う台帳やペンなど、数え上げればきりがないほどです。もちろん、約30品目すべてを使う家庭ばかりではありませんが、見えないところ、目立たないところにもさまざまなコストがあるのです。

越谷市の葬儀はグランドセレモニー